電話:029-875-9337

この姿を確信しておりました・・・・。

75ネタ、続きます。
・・・・・・・・ちょこちょこお問い合わせを頂いておりますがまだ次のオーナー様、決まっておりません。(汗)

先週の続きから、バンパーコーナーのガリキズ補修・・・・

各モールと同様の色を調色した上で塗装、スッキリ~。(笑)
せっかくこの色を作ったので・・・・・・

左右ドアミラーもリペイント仕上げ済み。
・・・・・・・・・少しザラザラ感のある半艶状態も再現、素敵。(笑)

リペイント作業も終わり、いよいよこの個体がいかに類稀な素晴らしい個体であるかを皆様の目で確認できるように行う最終作業、磨き・・・・

作業すること約2日、外していたパーツを再度取り付け・・・・・・・・

この個体が入荷直後の画像を本ブログに掲載させていただいた通りの埃だらけだったこの75を初めて目にした時から確信・・・・・・

前後左右のドアアウターハンドルガスケットの原形が今なお保たれていたりとか・・・・・・・・・・・・・・・
以前は75の外装仕上げの際、ど~してもこの個所の劣化が目に付いてどうにかしたかったのですが当時はパーツが無くてスッキリしませんでしたが、この状態ならばあえて交換する必要は無しあな状態。

左右シートの間にある物入れの蓋の表皮が全く破れてなかったりとか・・・・・・
一見、皮っぽい素材なのですが実は薄~いビニールレザー、そりゃ破れるわなぁ~。(笑)

過去に見たことが無いくらいキレイなカーペットや純正フロアマットとか、新車時の状態を思わせる箇所があちらこちらに。

結果的には新たにリペイントをした箇所は左リヤクォーターパネルと前後バンパーコーナー部のみでほとんどの箇所はオリジナルペイントのまんまでこの通り・・・・・・・

左右ヘッドライトの反射板も錆無し・・・・・

外装がオリジナルでこんな状態ですから内装もルーフライニング以外はいかにも新車時の匂いがしそうな雰囲気・・・・

75に初めて触れる方の大半が戸惑う(笑)であろう左右フロントパワーウィンドウの開閉スイッチ、もちろん可動します。

前後左右のドアインナートリムも全てこんな感じの状態。

と、こんなにスンバラシイ個体(笑)、さぁ~どうでしょうか!!

後に155 8Vに搭載されたTSエンジンですが、それとは全く違う回転フィール・・・・・・・
低回転から高回転まで軽々とシャンシャン回る、使用された走行距離約45000Kmのこのチェーン駆動TSエンジン、気持ちイイですよ~。(笑)

2/25追記
本日、本HP在庫車ページに車両データやお引渡し前に行う整備時に付随する作業等の詳細をアップ致しました。
アルファロメオ・フィアット専門店 スポルティーバ | 在庫車輛アルファ 75 TS (ワンオーナー/大沢商会正規物) (sportiva-italy.com)